TOP>

創業者 稲盛和夫


プロフィール
稲盛 和夫(いなもり かずお)
心をベースとして経営する


1932年、鹿児島市に生まれる。

1955年鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。
1959年4月、知人より出資を得て、資本金300万円で京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立し、社長、会長を経て、1997年から名誉会長を務める。

また1984年、電気通信事業の自由化に即応し、第二電電企画株式会社を設立し会長に就任。2000年10月DDI(第二電電)、KDD、IDOの合併によりKDDI株式会社を設立し、名誉会長に就任。2001年6月より最高顧問となる。2010年2月より、日本航空会長に就任。

一方、1984年には私財を投じ稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設し、毎年11月に人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。

他にもボランティアで、全62塾(海外9塾)、6,200人余の若い経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成に心血を注ぐ。(2010.8.31現在)

公職としては、京都商工会議所名誉会頭、スウェーデン王立科学技術アカデミー海外特別会員、ワシントン・カーネギー協会名誉理事、全米工学アカデミー海外会員、内閣特別顧問等を務める。

また、1997年には臨済宗妙心寺派円福寺にて在家得度(出家をせずに仏門に入ること、通常の生活を営みながら仏弟子として修行を行うこと)を受けた。




関連コンテンツ


京セラの創業者である『稲盛和夫』とはどのような人物なのだろう。マンガでその人生を振り返ってみよう!

(目次)
1.プロローグ
2.鹿児島市に生まれる
3.鹿児島中学に入学
4.松風工業に就職
5.京都セラミック株式会社創業
6.社長に就任
7.社名を「京セラ株式会社」に変更

(ご注意)
パケット定額を推奨します。
「当マンガコンテンツ」は無料でご利用いただけますが、多くのパケット 通信を伴いますので、 各携帯電話会社のパケット通信定額利用プラン「パケホーダイ」「ダブル定額」「ダブル定額ライト」「パケットし放題」などのご契約を強くお薦めします。

※このマンガは経済産業省「平成20年度産業経済研究委託事業」として、京都市教育委員会の協力のもと、財団法人京都高度技術研究所が開発した教育メディア教材(マンガ)に、京セラ株式会社が資料を追加したものです。

発行所:京セラ株式会社
作画:吉田一行
データ編集:鳳山佳子(京都嵯峨芸術大学)
原案:吉川勝司(京都新聞論説委員)
制作協力:竹中らんこ(京都嵯峨芸術大学)


[0]TOPページ | [1]会社概要
[2]経営哲学
[3]製品情報 | [4]拠点の住所・連絡先
[5]採用情報 | [6]IR情報

ご利用規約
プライバシーポリシー
お問い合わせ
対応機種
サイトマップ
携帯アクセス解析